FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【授業記録】 大地のつくりと変化 1時間目

大地のつくりと変化 第1時間目。
10月9日(木)5校時に行った授業の様子です。

綱取断層

 写真は岩手県北上市和賀 「綱取断層」 断層…と呼ばれているけれども、実際はただの崖です。地層が斜めにはっきりと表れています。  まず、「自分たちが暮らしている学校の地下の様子はどうなっているか」という課題をもとに、予想しました。
「大きな岩がある。」
「石、砂、土などがごちゃごちゃしている。」
「層のようになっている。」
 様々な予想がでてきた所で、崖などに表れている露頭の写真を見せました。
 写真はJSTの理科ねっとわーくのデジタルコンテンツを活用しました。
 
 「層のようになっている!」
 この縞模様が、色や大きさが違う、小石や砂、粘土でできていること、そしてこうして出来た層を「地層」ということを話しました。
 また、地層のモデルを子どもたちに見せ、地層は表面だけではなくずっと奥まで続いていることも観察させました。

 大地モデル1

 大地モデル2

 このモデルは、丸型水槽に砂、粘土、そして間に小麦粉を入れて、3層×2の地層のモデルを作ったものです。子どもたちの前でケーキのように真っ二つにして、地層が表面だけではなく、奥の方まで続いていることを示しました。
 (パンとジャムで実践されている方もいましたが・・・おもしろそうだけど、今回は授業研もからんでいるのでなるべく本物に近いイメージでモデルを作ってみました。みんなの足もとの地面のモデルだよ・・・ということで人物模型もシャレで置いてみたりして・・・)

授業後の子どもたちたちから次のような疑問が出されました。
 ・どうして層の色が変わっているんだろう。
 ・小石、砂、粘土などの地層の順番には法則があるのだろうか?
 ・地層はどのようにしてできたのだろうか?
 ・どうしてこのように土や砂が分かれているのか調べてみたい。
 ・なぜ地層はあのようになっているのだろうか?

 次からいよいよ地層のでき方について探っていきます。

↓ もしよろしかったら、ワンクリックお願いします。理科関係のブログのランキングになっています。理科関係のいろいろな話題があり参考になります。参考までにのぞいてみてください!(リンク集みたいになっています。)

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
スポンサーサイト

コメント

3連休で体調はもどせられたでしょうか?気温差がはげしい日々が続きます。ご自愛ください!
先生の作られた模型、層がはっきりしていて見やすいですね。説明を読むまで、チョコレートケーキかと思いました!ケーキじゃなくてちょっと、残念。。。
地層についての疑問に「小石・砂・ねんどという順は法則?」とまで出てくるとは、それが分かる資料をずいぶんお見せになられたのですね。

コメントありがとうございます

ほるんさん、いつもコメントありがとうございます。(すっかり遅いレスですみません。)おとといまでコズミックカレッジの準備や学校の作品展の準備やらでテンテコマイでしたので、なかなか大地のつくりの実践の様子をアップできないでいました。研究授業から2週間近くたつのですが、やっとゆとりが(ちょっとだけ)できたので、そのうち授業記録をのせますので、またご意見いただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miura7777.blog99.fc2.com/tb.php/72-f3b60763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

English

↓ 英語版はこちらからどうぞ

↑ An English version : here please.

MicroAd

プロフィール

miura-h

Author:miura-h
小学校理科の授業に関する話題、自然科学に関係した話題を紹介しています。
ホームページは
  ↓
http://www.nnet.ne.jp/~h-miura/

★理科教育関連のブログ集
  ↓
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ

★小学校教育関連のブログ集
  ↓
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

★科学の話題のブログ集
  ↓
にほんブログ村 科学ブログへ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。