2018-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お楽しみ理科実験! 「スメクタイト」


 今日、岩手県のほとんどの小学校で1学期の終業式がありました。岩手の夏休みは短いのです。
1学期最後ということで、お楽しみ理科実験をしました。以前宇宙少年団の活動で行ったスメクタイトの実験です。

スメクタイト

↓> 理科関係の話題を中心としたブログのリンク集です

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 おおまかな実験方法は、以前書いたとおりです。ただ今回は予算がなかったので、棒ビンではなくフィルムケースを使いました。フィルムケースの場合だと、30mlの水を入れると満杯になるので、スメクタイトの量も水の量も半分(スメクタイト0.5g、水15ml)にしました。フィルムケースは透明ではないので、いまいちはっきりと中の様子が見えるわけではないのですが、それでも子どもたちは不思議な物体の様子を食い入るように観察していました。

古いてんびんを使って0.5gのスメクタイトを計り取りました。

スメクタイトA


クラス全員の子どもたちが上手に不思議な物体を完成させることができました。たまにはこんなお楽しみ実験もいいかな?
スポンサーサイト

コメント

すごく面白いぶろぐですね。

よく拝見させていただいています。

突然ですが、もしよろしければ私のブログと相互リンクをおねがいできないでしょうか。
私のブログは

有機化学の話
http://topsynthesis.blog39.fc2.com/
です
ぜひご検討お願いします。

よろしくお願いします

 宙太さん、コメントありがとうございます。相互リンクよろしくお願いします。
有機化学の話、おもしろいですね。これから時々読ませていただきます!

今週の授業を終えてホット一息!
久しぶりに寄らせていただきました。
前回のスメクタイトの記事と合わせて、読ませていただきました。
授業内容以外のおもしろい理科的な実験をなかなかしてあげられないので、こういう余裕がほしいなあと、自分に思います。
水の中での状態の変化で、形態が変わる物質。5年生のものの解け方で関わらせてもおもしろいかな?
で、スクメタイトはいかほどで買えるのか? 検索してみます。

ほるんさん、お久しぶりです!

 ほるんさん、コメントありがとうございます。おひさしぶりです。

 「ものの溶け方」で関わらせるのは難しいかな?なにせ溶けていないので…水溶液ではありません。下手に使うと児童の思考を混乱させてしまうかも・・・
 と、いうことで、自分はこのようなおたのしみ実験で活用することにしました。
 「単純におもしろい!」これって結構大事な要素だと思うのですが・・・。カリキュラムに縛られすぎると、こういう面白さを子どもに体験させることができなくなりますよね。「ゆとり教育」という理念は、僕は結構すきだったんだけどなあ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miura7777.blog99.fc2.com/tb.php/61-9d31a9ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

English

↓ 英語版はこちらからどうぞ

↑ An English version : here please.

MicroAd

プロフィール

miura-h

Author:miura-h
小学校理科の授業に関する話題、自然科学に関係した話題を紹介しています。
ホームページは
  ↓
http://www.nnet.ne.jp/~h-miura/

★理科教育関連のブログ集
  ↓
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ

★小学校教育関連のブログ集
  ↓
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

★科学の話題のブログ集
  ↓
にほんブログ村 科学ブログへ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。