FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境教育は「釣り」が効果的…だと思うんだけど

今日は、理科クラブの活動として近くの川に水生生物調査に行きました・・・と言っても、ただの釣りです。

↓ 理科関係の話題を中心としたブログのリンク集です

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 岩手は今日も暑かったです。
 絶好の釣り日和。
 先週からクラブで釣り(名目は水生生物調査)の準備をしていたので、学校から歩いて10分程度の河原まで釣りに行きました。
 これが、また釣れる釣れる!わずか1時間あまりの釣行だったのですが、子ども20名+引率教員2名+釣りプロ用務員さん総勢23名で行って、50匹以上の釣果があったのではないでしょうか?みんな1匹以上釣り上げたと思うし、多い子は一人で5匹以上釣りあげていた子もいました。釣り上げたのはアブラハヤ、オイカワ、キンブナ。昨年はブラックバスが釣れたのですが、今年はいませんでした。ちょっと一安心。でもきっと生息しているのだと思います。
 あまりにも釣れ過ぎて、引率したクラブ担当者は、えさの付け替えやら、魚の取り外しやら、はたまたこんがらがった仕掛け直しに追われて、むちゃくちゃ大変だったけれど、子どもたちの
「楽しかった~」
の一言が何よりだと思うのでした。

 ところで・・・。「自然を大切にしましょう!」なんて環境教育をあーだこーだと理屈で教えている先生もいるでしょうが、僕は環境教育には「釣り」をお勧めするのです。釣りは楽しいです!子どもたちも夢中になって釣りをします。不思議なもので、釣れた時の感動は、きっと一生忘れられない思い出になると思うのです。「子どものころ、あの川で釣りをしたっけなあ」という楽しい思いが、「いつまでもあの川をきれいにして残しておきたい!」という気持ちになると思うのです。もちろん、釣りを教えるときにはゴミを捨てないこと、キャッチ&リリースが基本であること、を強く子どもたちに話します。でも、何より「楽しかった!」という思いが、地域を、自然を、環境を愛する気持ちに強く働きかけると思うんだけど・・・
 大変だったけれど、釣りの楽しさ、自然の素晴らしさを子どもたちに伝えられたかなあ・・・と勝手に自己満足しています。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miura7777.blog99.fc2.com/tb.php/58-28ecad88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

English

↓ 英語版はこちらからどうぞ

↑ An English version : here please.

MicroAd

プロフィール

miura-h

Author:miura-h
小学校理科の授業に関する話題、自然科学に関係した話題を紹介しています。
ホームページは
  ↓
http://www.nnet.ne.jp/~h-miura/

★理科教育関連のブログ集
  ↓
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ

★小学校教育関連のブログ集
  ↓
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

★科学の話題のブログ集
  ↓
にほんブログ村 科学ブログへ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。