FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電流のはたらき 第2・3時

 今日の授業は第3時。前時の学習計画を立てる時間は、電磁石の実験器具を作るために時間がかかってしまい、2時間を要しました。電磁石を自由に扱ってみる場面を設けることで、子どもたちから様々な学習課題が出されました。
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ ←こちらもご覧下さい
子どもたちから出された課題は
「電磁石も磁石と同じようにSN極があるのか」
「コイルだけでも電磁石になるのか」
「電磁石も鉄しかつかないのだろうか」
「しんになる部分は他のものでもよいのだろうか」
「電磁石の力を強くしてみたい」
「コイルの巻き数を変えると電磁石の力は変わるのだろうか」
などなど・・・これらの課題を整理して学習計画を立てました。

そして本時。今日の課題は「電磁石にもSN極があるか」
子どもたちの予想は「ある」が28名「ない」が2名。「ない」と予想した子どもたちは、根拠が明確ではなかったものの、磁石と電磁石は違うもののはずだ、というイメージをもっていました。
「どんな実験をしたら確かめられますか?」
しばらく考え込んでいた子どもたちは、実験キットの中に方位磁針が入っていたことを思い出しました。(前時でキットの確認をしたときに、方位磁針だけ集めておいたのです。最初から入れておいたら、自由試行の時に結果が出てしまうので)
方位磁針をどのように使って、どのような結果になったらSN極がある、ないという結論が得られるか確認。それから実験を始めました。
電磁石にSN極がある、と分かっていても、実際にやってみると子どもたちにはしょうげきてきだったらしく、実験中に「すっげー電磁石にも極ってあるんだあ!」なんて声が聞こえてきました。こんな声を聞くのが、理科好き教師にとってはうれしい限りなのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miura7777.blog99.fc2.com/tb.php/41-334f4a39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

English

↓ 英語版はこちらからどうぞ

↑ An English version : here please.

MicroAd

プロフィール

miura-h

Author:miura-h
小学校理科の授業に関する話題、自然科学に関係した話題を紹介しています。
ホームページは
  ↓
http://www.nnet.ne.jp/~h-miura/

★理科教育関連のブログ集
  ↓
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ

★小学校教育関連のブログ集
  ↓
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

★科学の話題のブログ集
  ↓
にほんブログ村 科学ブログへ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。