FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の授業

 小学校の最後の授業は「卒業式」
 卒業式を終えて早1週間が過ぎてしまいました。今年は(も?)6年生担任だったので、とても感慨深い卒業式になりました。
 そんな子どもたちに、卒業式の前日最後の理科授業をしました。
 子どもたちにとっても小学校最後の理科の授業。
 そして、自分にとっても担任する子どもたちへの最後の理科授業になるかもしれない授業でした。
 内容は・・・アメリカで発表してきた電池の学習です。

 理科関係のブログのリンク集になっています。参考まで・・・ 
  ↓
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
 アメリカで発表に使った英語のパワーポイントのスライドを見せながら、実験をすることにしました。
 授業、とはいうものの、半分はお楽しみ実験、みたいな感じです。ただ「電気」というものを身近に感じてもらえるような話の流れにしました。
 まず最初に、静電気の話をしました。静電気によって、「ビリッ!」と感じた経験がある子どもたちは結構います。そこで、圧電素子を使って、その「ピリッ!」と感電する体験をしました。これは、やりたい!という子どもにします。(こわがる子もいるので・・・)何人か希望者が出たら、手をつないではじとはじの子に、圧電素子から出ている二つのコードをもたせて、カチッとスイッチを入れます。すると輪になっていた子どもたちは「うわあ!」といっせいに手を離しました。圧電素子で放電される電気は電圧は高いものの、ほんのちょっとの電流しか流れないので、「チクッ」と感じる程度です。静電気は、このように一瞬の放電で終わってしまうので、なんとか自由に、しかもずっと使えるような電気を手に入れたいと昔の科学者は様々な実験をしてきたのでした。フランクリンの雷実験、ガルバーニのカエルの足の実験。そしてボルタの電池の発見。小学生なのであまり難しい話をしないで、電気を自由に使えるようにするために人々が努力してきたのだよ、という所に力点を置いてお話をしました。
 そして、ボルタの電池を応用すれば、レモンでも電池ができること、10円と1円でも電池ができることを話して、実験しました。
 レモン電池
 レモンで電子メロディーがなると、子どもたちは「鳴った!大きな音だ!」と騒ぎながら実験に夢中になって取り組んでいました。10円と1円を使った「55円電池」もうまくできました。

 電池の学習は中学校で取り扱うのですが、こんな体験を小さい子どものときにさせておくことも大切なのではないのかな、と思います。まず、感動させること、不思議だなあ、と感じさせることから、興味を高め、理論を学んでいけばよいのではないかと思うのです。これは何も電気の学習だけではなく、他のいろんな分野でもそうだと思います。月の満ち欠けがなぜ起こるか分からなくても、まずじっくり月を観察すること。望遠鏡を使ってクレーターを見せること。「すごい!」と子どもたちは絶対思うはずです。そして興味を高めてから満ち欠けの仕組みを学べばよいと思うのです。
 
 卒業式前の慌ただしい中での実験だったので、子どもたちも落ち着かない様子の中での授業になってしまいましたが、これが、僕のたぶん最後の理科授業になってしまいました。もっといろいろやりたいことがあったのだけれど・・・後悔することばかりです。せめて、これからは宇宙少年団の活動の中で、精一杯教材研究をして、子どもたちが科学に興味をもつような実験をしていきたいと思っています。 
スポンサーサイト

コメント

最後の授業はピリッと痛かった!
いい思い出だとおもいます。
理科は楽しいというのを分かってくれるだけで、わたしは良いと思います。
(教育目標の達成も良いですけど)
娘いわく、まず、楽しい実験!それがなきゃね。だそうです。

6月12日に盛一、6月13日に岩手大学でノーベル賞を受賞した益川先生の記念講演があるそうです。(参考まで)

お世話になっております。

もしや、あの三浦先生のブログでしょうか。
小学教諭、NASA・・・などなどから想像いたしました。
間違っていましたら削除してかまいません。
いろいろお世話になりました、飯山です。
今度は教育委員会勤務とのこと。
学校支援地域本部事業の地域コーディネーターを仰せつかっておりますので、何かとお世話になることが多くなると存じます。
今後もよろしくお願いいたします。
先生の教育方針はとても参考にさせていただいております。
靴を揃えられれば勉強が出来るようになる。その通りで、ウチの塾でも指導いたしております。
違和感への気付きデスネ。

コメントありがとうございます。

やまんばさん、ペガサス先生さん、コメントありがとうございます。
「靴を~」の件はちょっと極論ですが、でもあながち間違っていないと思います。
家庭教育は教育の一番の基本だと思っています。昔は靴を揃えることぐらい、家庭でしつけていたものです。その他にも、家庭でやってきたことが、だいぶ欠損してきていると、強く感じます。(よく言われる「家庭教育力の低下」っていうやつです。もちろん、家庭だけでなく、地域教育力の低下。(昔は悪さをしていると、必ず大人にどなられたものです。今では知らないふりをする大人もいます。)はたまた学校教育力の低下(いわゆる先生の不祥事・・・っていうやつですね・・・悲)みんながもっと本気で教育問題に取り組まなければ、日本の教育はダメになっていくような気がします。僕は、これから自分ができることは何か見定めて、自分ができることを精一杯やろうと思っています。
 4月からは生活が一変しますので、どこまでこのブログを更新できるかわかりませんが、これからも時々お立ちより下さい。これからもよろしくお願い致します。

リンク

息子にきいたら、このブログだと確信が持てました\(^o^)/
そこでお願いなのですが、私のブログでもここを紹介させてください。
先生のこのアドレスを私のブログにリンクを貼りたいと思いますのでご了解ください。。。。

あと、話は変わりますが、卒業で頂いたCD(DVD)、
パソコンでも見られないのですが、、、(-_-;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miura7777.blog99.fc2.com/tb.php/104-fd87651e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

English

↓ 英語版はこちらからどうぞ

↑ An English version : here please.

MicroAd

プロフィール

miura-h

Author:miura-h
小学校理科の授業に関する話題、自然科学に関係した話題を紹介しています。
ホームページは
  ↓
http://www.nnet.ne.jp/~h-miura/

★理科教育関連のブログ集
  ↓
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ

★小学校教育関連のブログ集
  ↓
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

★科学の話題のブログ集
  ↓
にほんブログ村 科学ブログへ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。